スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ボゴシッポョ

きのうも夜中の2時くらいから、朝6時まで話をしてました。

なんだか、同じことの繰り返しにはなるんですが、

リアルタイムなので、即効ブログにアップ致します。

 

今日のお昼、風邪で、声がガラガラで、家でゆっくりしようと思って、

ビデオをかりに行こうと思った私は彼に一度電話をしました。

そこからビデオを見て、夜までうだうだ。。。

いつもいつも、オンラインなのも、どうかと、わざとPCをつけず。

0時くらいかな?

携帯に着信。わぁい♪

その後、その日は、MSNだけで会話をしていたのですが、

はぃ。またけんかです。

理由?

・・同じです。

なんか、本当しょーもない理由。いつもいつも

今回は今のことなので、覚えてます。理由。

hyun:「僕はまりのこと98364732番目に好き」

は?

っていうか、これ、私が前に言ったことなんですけどね。

私、彼にチョアをよく言っていたので、でも、チョアを言わない彼が

ちょっと、むかついてて(←勝手)。

なんか、心からチョアって言うのが、しゃくだから。

私この世の中で、1番すきなのはカルビ。2番目は、エルメス。3番目は、

チャ・テヒョン。4番目がhyun君♪ みたいな。

彼は「kkkk」と冗談をアピールしながらも、更に私の気をさかなでてくれます。

hyun:「1番。。チキン。2番は、サムギョプサル。3番。。。」

カチン(←切れる擬音)

mari:「じゃ、オモニは??オモニはチキンとかより下なの?」

(↑だって、韓国人ママボーイでしょ)

hyun:「オモニはなんで?関係ないじゃん。」

mari:「なんで?hyun君、オモニ好きじゃん。」

hyun:「さむ ぎょぷ さるとオモニが、なんで 

関係あるの?関係ないでしょ」 (←?)

mari:「じゃ、まりとサムギョプサルも関係ないじゃん?」

hyun:「え?まりと?ぜんぜん」(←意味わかんねぇ)

hyun:「とにかく」(←とにかく?)

hyun:「1番チキン。。。2番、サムギョプサル」

カチン

・・・とにかく・・・・言いたいわけね。切れさせたいわけね・・

mari:「998764132番目なんでしょ」 (←会話をさえぎる)

hyun:「すごい。覚えてる。kkkk」

カチンカチン

mari:「コピーしたんだよ」

hyun:「そうか。でも覚えること。頭いたいかも」(←おまえがな!)

hyun:「長いから。まりのため。もっと易しい番をあげようか。」

hyun:「9番とか」

カチンカチンカチン!!

死ね。おまえ!!

mari:「いい。いらない」

ここからは、いつもの繰り返しです。

彼は、冗談だよ。韓国人は、すきな子に、イタズラを沢山する。それを理解して。

でも、ごめん。いつもまりを怒らせてごめん。

最後には

hyun:「やっぱり、まりには、、、冗談は、、ムリか」

知るか!!

 

そこでグダグダいつものやり取りが続き、とうとう聞いてやりました。

彼はいつもまりの気持ちを中心にしゃべります。

自分の気持ちはいいません。それは、気持ちがないからだと

私は受け取っているのですが。

 

mari:「ねぇ。hyun君が、私に意地悪をするたびに、私は寂しくなる。

もし、hyun君に、意地悪を言われた後、私が寂しくなって、誰か男の子に

電話をしていたら、hyun君はどう思う?」

hyun:「でも、まりが僕と話後、ほかの人と電話をして安心になったら

やっぱり僕のこと、別に重要じゃないでしょ」

hyun:「やっぱり僕は、遠いし、見えないし、あえないし」

hyun:「まりの隣に住む男と違うし。」

hyun:「まりが僕と話後・・

ここまでもかなり、長い時間かかって打ってきてくれました。

ほら。やっぱり。まりが・・・とか聞いてないし。

あんたの、気持ちはどうなんですか!?

って聞いてるんですけど?

mari:「hyun君はどうなん?まりが、ほかの男の子に電話してたら

いやじゃないの?」

hyun:「ほかの男としゃべって、気持ちいいなら」(←ちょっとエッチなんですけど?)

hyun:「僕のことはいらないじゃないか」

そうじゃないか!?

mari:「じゃ、2つにしよう。いや?それとも、平気?」hyun君の気持ち!

hyun:「なんだそれ~?」(←おまえがなんだ~?)

hyun:「僕の冗談は、ぜんぜん本気じゃないから、それは理解してくれ」

mari:「? どっち!?」

hyun:「わからない」

はぃ。そうですか。

もうやめました。彼に、気持ちを無理やり、こちらに向けようとしてるみたいで。

本当は冗談もいいんです。

意地悪もいいんです。

だって、それ以上に「優しい」を沢山くれるし、彼氏並みのこと、

こんなに離れていて、会ったこともないのに、してくれているんだから。

でも、結局、私は、本当のチョアがほしいんですよね。

本当のチョアなんて、無理やり言わせてもしょうがないのに。

彼は、慎重です。

ほかのブログを見ていても、韓国人って割りと、そうなのかな?って

思います。

会わなければ分からない。的なニュアンスも本当は伝わってるんです。

 

もうやめました。

mari:「意地悪いっぱい言うくせに」

hyun:「言うくせ?>わからない」

mari:「意地悪いっぱいいうのに、」

hyun:「うん」

mari:「彼氏みたいに優しいことも、いっぱい」

mari:「ぱぼっ。」

hyun:「^^;;;;」

mari:「早く彼女を作ってしまえ」

hyun:「え?」

hyun:「え?やっぱり、女は難しいか」

おまえがな!!

hyun:「まり、ミアンヘ」

mari:「もっと嬉しい韓国語チュセヨw♪」

hyun:「マリジョア」

hyun:「ギヨヲニカ モクソリド ギヨヲ」

hyun:「シラナイカモネ」 (←紛らわしいんですけど!?)

mari:「最後のは日本語だよね?」

hyun:「うん」

この言葉は、とても嬉しい。無理やりでも。彼の韓国語は大好きだし

それを理解できたときはとても、嬉しかった。

 妄想でも、夢でも、せっかく楽しい時間を過ごす為に、素直になろう♪

mari:「私、ひょん君大好きだよ」

hyun:「えっ」

mari:「優しかったり、意地悪したり、まりの心、あがったり、さがったり」

hyun:「え。。なんで?僕、いつもまりに、ひどい目にあわす。まりに意地悪して

後で、ずっとずっと許してって」

mari:「会いたいなぁ。いっぱい一緒に遊びたいです。」

hyun:「そうでしょ~^^」

hyun:「マリ ヨギヲ。ナルル ジョグムマン イヘヘジュセヨ」

mari:「あ~ぁ。hyun君ぼごしっぽ」

hyun:「そうか~kk 僕がそんなにすきか^^」

mari:「韓国行ったらさぁ、hyun君ぼごしっぽ!って大きな声で

大学で叫んでいい?」

hyun:「日本語でお願いしますww」

hyun:「僕を好きな女たち、Shockするかも。900000人」

mari:「私、韓国語で叫ぶから、hyun君、まりのところへ走ってきてね♪」

hyun:「はずかしいな~」

mari:「900000人の女の子の前で!」

hyun:「kkk なんか、9人くらいも、いるかなkk0・9人とか」

こんな一日でした。

スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

Mari

Author:Mari
韓国人に恋をして、片思いを経て、思わぬ展開で、思わぬ韓国人と付き合う事に!ちょっとぉ!!これってアリなん?ホントに私に将来はあるんでしょうか・・泣 でも、大好きなんです。これからどうなる事やら。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

BookMark

憧れの日韓恋愛は・・・!!!

私の憧れ恋愛ブログ、dukeさんのHP

☆プサン留学生活☆

憧れの釜山で恋愛中のよっしぃさんのHP

mi-naのブログ

私に韓国を教えてくれた心の友♪ミーナのHP

ブログランキング

ランキング参加してます☆

FC2ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

ポチッとご協力お願いします。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター

イツモアリガトウゴザイマス♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。